無料体験レッスン実施中 詳細

Worldの発音は、「ワールド」ではないんです!

この記事の目次

“World” に隠された発音上達のコツ

「世界」という意味の単語 “World” 、近年ではよく使う単語の一つです。

この使用頻度の高い単語に、実は発音が上達するための深〜い意味とコツが隠されているのです。

日本人にとって難しいと言われている代表的なアルファベットは、”R” と “L” 。

なぜ日本人にとって難しいかというと、日本語にはない音だからです。日本語にない音だから普段、使わないし聞かないので、話慣れていないし聞き慣れていないのです。

ですので、日本人にとってこの2つのアルファベットの発音が難しいのは当たり前ですよね。

この2つの音でも、一つ一つならまだ話しやすいのです。特に単語の先頭にこのアルファベットのどちらかの音が来る場合は、まだ発音しやすいでしょう。

まずスタートは、”R” か “L” が先頭に来る単語を選ぶと良いでしょう。

“R”が先頭にくる単語

Rabbit (ウラビット)「ウサギ」

Read(ウリイード)「読む」 

Rice(ウライス)「お米」

Rock(ウロック)「岩」 

Run(ウラン)「走る」

“R”の正しい発音方法

“R”の発音では、舌の動きに意識して舌を正しい位置にセットします。

口の中で舌先を上に巻いて、できる限り奥へ引っ張ります。この時に、舌を巻いて引いた状態で舌が上にも下にも接触していない状態を保ちましょう。

①の状態で、「ルー」と言ってみましょう。巻き舌の状態で、「ウルー」という音が出ればオッケーです。

②の状態で、「ウルー」と言った後に、話したい単語の”R” から後ろを言います。

例えば、”Rabbit” であれば、”R” から後ろは、”abbit” 「アビット」を、「ウルー」の後に「アビット」と一呼吸で吐きながら言います。「ウルー」+「アビット」

この時のコツは、巻き舌で、舌先が上を向いて「ルウー」と言いながら、次に「アビット」を言う時に、舌先をゆっくりと下に下ろしながら「ア」言います。舌先を下ろし終わってから「ア」と言い始めないようにしましょう。一つの連続動作として、「ウルー」+「ア」+「ビット」とゆっくり言ってみましょう。

“L”が先頭にくる単語

Lake 湖 レイク

Leg 足 レッグ

Life 命 ライフ

Love 愛する ラヴ

Lunch 昼食 ランチ

“L”の正しい発音の仕方

“L”の発音は、日本語の「ら行」に似ています。しかし、舌先の位置が違います。こちらも同様に、舌の動きに意識して舌を正しい位置にセットします。

まず口の中で舌先を上に向けて、前歯の後ろに付けます。

①の状態で、単語の最初の「ラ行」を言うと同時に舌先を元の位置に戻します。例えば、”Lake” であれば、最初の「ラ行」=「レ 」です。舌先を前歯の後ろに付けて「レ 」と言った後に元の位置に戻します。その後に「イク」と言います。「レ」+「イク」

“World” の正しい発音

“World” の発音がなぜ難しいかと言うと、上記した日本人にとって難しいアルファベット “R” と “L” 両方が一つの単語の中に並んで入っているからです。一つ一つでも発音が難しいのに、2つ一緒に、しかも並んで入っていたら、発音は難しくて当然です。

ここでのポイントは、”R” と “L” を一つずつゆっくりと正確に発音していくことが重要です。

では、”WORLD” を分解してみてみましょう。

発音方法は、”WO”・”R”・ “L”・ “D” の4つに分解してみます。

① “WO” (ワオ) ・ “R” (ルウー) ・ “L” (ル) ・ “D” (ドウッ)

= (ワオ)・(ルウー)・(ル)・(ドウッ)

② “R” と “L” を発音する時に、舌先の位置を正確に動かします。

“R” の時は、舌先を上に巻いて奥へ引き、舌が上にも下にも接触していない状態で、「ルウー」と言います。

③ “L” の時は、舌先を前歯の後ろに付けて、「ル」と言います。

④ これを一回の息を吐きながら、ゆっくりと (ワオ) ・ (ルウー) ・ (ル) ・ (ドウッ) と言ってみましょう。

慣れてきたら、少しずつ早く発音してみます。

アクセントは最初の2つ (ワオ) ・ (ルウー)に強調します。

このように、1つの単語に、”R” と “L” 両方が入っていたら、一つずつゆっくりと発音していけば、正確に単語を発音できるようになります。

“R” と “L” 両方が入った単語

World

Ruler

Really

Relative

Roller

Early

Liar

Locker

などなど、他にもたくさんあるので練習してみましょう!

“R” と “L” の発音を間違えると、相手に大きな誤解を与えるので気をつけましょう!!

Rice(お米)、Lice(シラミ)

I had rice.(ご飯食べたよー)、I had lice.(シラミ食べたよー)

Love(愛する)、Rub(こする)

I love you.(あなたを愛してるわ)、I rub you.(あなたをこするわ)

よかったらシェアしてね!

著者

幼少期にアメリカ・ロサンゼルスで育った英日バイリンガル。大学では言語学とデザイン、大学院ではTESOLの分野を研究。ニューヨークのトップブランドでデザイナーとしてNYコレクションなどで活動後、日本に帰国。ファッション、発音矯正、英語講師養成講座などの分野を専門に英語講師として数々のレッスンや講演を行う。現在は池袋・要町エリアを中心に英語・発音を指導。

この記事の目次
閉じる