無料体験レッスン実施中 詳細

英会話で”Really?”とよく聞きますが、どうしたらうまく発音できますか?

“Really” は日本人にとって難しい発音の一つです。

しかし、コツさえ覚えればきれいに発音できます。

ポイントは、日本人が苦手な “R” と “L” が1つの単語の中に混在していることです。

ですので、この両方をしっかり発音するのですが、特に最後の “L” に意識して発音することできれいに発音できます。

 

➀ まずは、 “R” の発音からスタート。

ベロを巻き舌にして奥へ引っ込めます。この時に口の中のどこにも舌が触れないことがポイントです。

この状態で、「リー」と発音します。これがステップ1。

 

➁ 次に、 “L” の発音をします。

舌を上前歯の裏に当てて、「リー」と発音します。

「リー」と発音した直後に舌を上前歯から外します。

この “L” に意識を集中して発音します。

これが、ステップ2.

 

これを続けて発音してみましょう。

「リー(R)リー(L)?」

まずは”L” の発音がしっかりできれば、聞き取りやすい “Really” の発音になります。

“L”の発音がしっかりできたら、次に”R” の発音をきれいに発音してみましょう。

この時点で、きれいな “Really” の発音ができるようになります。

会話でも頻繁に出てくる単語なので、きれいに発音ができると結構使えます。

よかったらシェアしてね!

著者

幼少期にアメリカ・ロサンゼルスで育った英日バイリンガル。大学では言語学とデザイン、大学院ではTESOLの分野を研究。ニューヨークのトップブランドでデザイナーとしてNYコレクションなどで活動後、日本に帰国。ファッション、発音矯正、英語講師養成講座などの分野を専門に英語講師として数々のレッスンや講演を行う。現在は池袋・要町エリアを中心に英語・発音を指導。

この記事の目次
閉じる