無料体験レッスン実施中 詳細

英語で挨拶されたらどう返す?

この記事の目次

英語で挨拶されたらどう返す?

 

外国人と会う時に、よく挨拶を交わします。

挨拶された時にどう返したらいいか分からずに「あっ、うっ、ハ〜イ」と、ぎこちない返事をしてしまったことはありませんか?

挨拶にもいろいろありますが、簡単に返す方法があるのでご紹介したいと思います。

 

例えば、「Hi!!」 と言われただけなら、「Hi!」 で返せばいいのですが、

 

How are you?

How’s it going?

What’s up?

What’s going on?

What’s happening?

 

など、英語の挨拶は疑問形が多いですね。

すると、「何か最近の出来事を話さなければ…」「でも話すことないし…」などと考えてしまうと会話の流れがぎこちなくなります。

ここで一つ理解して欲しいことは、英語の挨拶が疑問形だったとしても、特にそれに答える必要はないのです。

例えば、「How’s it going?」(どうしてた?)と聞かれた時、「いや〜、最近こうでああで」と答える必要はないのです。

もちろん話したいことがあれば話して良いのですが、特に何も話すことがない時はただ挨拶を返すだけでいいのです。

ここで、「何かを言わなければ!」と気負う必要はないんです。

こんな時は、こう返しましょう。

 

Good, and you?

 

たとえ疑問形の挨拶だったとしても、挨拶として返すだけでいいのです。

日本語で「こんにちは」と言われたら「こんにちは」と返すようなものです。

 

「Good, and you?」の良いところは、先ほどの疑問形の挨拶全てに対応できるということです。

ですので、これさえ覚えておけば、とっさに挨拶されても「うっ」と考えずにすみます。

 

通常ですと、挨拶によって正しい形で返さないといけません。

How are you? → I’m doing good. (I’m fine. Thank you. は間違いではないですが通常使いません。)

How’s it going? → Everything is great.

How have you been? → I’ve been good.

What’s up? → Not much. / Nothing much.

What’s going on? → Not much. / Nothing much.

What’s happening? → Not much. / Nothing much.

 

これらを考えるのは面倒くさいので、Good, and you?を使えば、どれにも使えるので瞬時に考えずに反応できます。

Good. だけでも良いですね。

 

もちろん、久しぶりに会った友達の場合は、最近の話を聞いているでしょうから詳しいことを話すと良いでしょう。

毎日のルーティンでしたら、Good, and you?/ Good. でオッケーです。ぜひ使ってみてください!!

 

よかったらシェアしてね!

著者

幼少期にアメリカ・ロサンゼルスで育った英日バイリンガル。大学では言語学とデザイン、大学院ではTESOLの分野を研究。ニューヨークのトップブランドでデザイナーとしてNYコレクションなどで活動後、日本に帰国。ファッション、発音矯正、英語講師養成講座などの分野を専門に英語講師として数々のレッスンや講演を行う。現在は池袋・要町エリアを中心に英語・発音を指導。

この記事の目次
閉じる