無料体験レッスン実施中 詳細

英会話で「曖昧」ってなんていう?

英会話で「曖昧」ってなんていう?

日本人は、相手を否定しないように答えることが良くあるため、

外国人には、「この人は何が言いたいの?」

と、思われることが良くあります。

では、英会話で「曖昧」ってなんて表現すれば良いでしょうか?

Ambiguous (エァンビィギュェス)

Your expression is too ambiguous to understand.

(あなたの表現は曖昧でよくわからない)

Vague (ヴェィグ)

Don’t give me that vague answer.

(その曖昧な返答やめてくれない)

外国人と会話をするときに重要なのは、基本的に建前を使わずできるかぎり本音で答えるようにすることです。

物事をはっきりと言ったからと言って相手に悪いと思う必要はありません。

相手と違う意見を言うことは、会話に多様性をもたらすので、逆に良いことなのです。

本音を言うことで相手にも信用されます。建前で本音を言わない方が不信感を与えてしまうのです。

ですので、思ったことを素直に伝えるよう心がけましょう。

よかったらシェアしてね!

著者

幼少期にアメリカ・ロサンゼルスで育った英日バイリンガル。大学では言語学とデザイン、大学院ではTESOLの分野を研究。ニューヨークのトップブランドでデザイナーとしてNYコレクションなどで活動後、日本に帰国。ファッション、発音矯正、英語講師養成講座などの分野を専門に英語講師として数々のレッスンや講演を行う。現在は池袋・要町エリアを中心に英語・発音を指導。

この記事の目次
閉じる