無料体験レッスン実施中 詳細

英語の発音をよくする方法

この記事の目次

英語の発音をよくする方法

 

発音をよくする方法は、ポイントが幾つかあります。

今回は、自分を客観視するという視点からお話しします。

 

普段、他人の欠点はよく見えますが、自分の欠点はよく見えにくいものです。

なぜなら肉眼で相手を見ることはできるので欠点も見えやすいものですが、自分のことは見えないのでわかりにくいからです。

たまたま自分が写っている動画を見ると、「えっ!!自分ってこんな表情、態度してるの?!」と思うことがあるかもしれません。

それくらい自分のイメージと、実際の表情や態度は違うものです。

 

英会話ではどうでしょう。

自分はどのような表情や態度で英語を話しているのでしょう?

発音矯正で上達する場合、カメラの動画録画を使って見ることをお勧めします。

自分を客観視することは、とても重要なことです。

最近では、携帯の動画録画機能、パソコンやタブレットの無料動画録画機能がたくさんあるので、活用してみましょう。

 

お勧め:パソコン、タブレット、携帯で使える無料会話、動画録画アプリ

https://zoom.us/

 

まずは、発音を覚えたい単語、フレーズ、文章などをピックアップして練習してみましょう。

英語字幕付きの映画やドラマなどからピックアップしても良いでしょう。

慣れてきたら、カメラで実際に自分の発音を肩から上のアップで録画してみます。

口の動き方、表情、目線を確認しながら発音を聞いてみます。

今、あなたはこの人(録画した自分)と話していると想定した時、どんな印象を受けるか確認してみましょう。

これが、実際の英会話であなたが相手に与える印象です。

録画した自分の発音を見て、聞いて、ネイティブの発音や、自分の先生の発音と比べて、違っている部分を修正していきましょう。

実際に英会話の先生に聞いてもらい、発音を直してもらうのも良いでしょう。

 

自分自身を客観視することで、第三者の視点に立って自分の発音を見て聞くことができるので、気づく点が多くあると思います。

まずは、カメラを使って自分の発音を聞いてみましょう。

何度か繰り返してみて、自分が思っていた理想と実際の雰囲気に差がなくなってくれば、上達を実感できるでしょう。

よかったらシェアしてね!

著者

幼少期にアメリカ・ロサンゼルスで育った英日バイリンガル。大学では言語学とデザイン、大学院ではTESOLの分野を研究。ニューヨークのトップブランドでデザイナーとしてNYコレクションなどで活動後、日本に帰国。ファッション、発音矯正、英語講師養成講座などの分野を専門に英語講師として数々のレッスンや講演を行う。現在は池袋・要町エリアを中心に英語・発音を指導。

この記事の目次
閉じる