無料体験レッスン実施中 詳細

日本人の英語の発音は上達する

この記事の目次

日本人の英語の発音は上達する

 

初対面の人と会う時に、相手のどこが気になりますか?

顔、スタイル、話し方など様々な要素に意識がいきますね。

 

では、初対面の人と英語で話した時、相手の英語のどこが気になりますか?

外見と同様に、英会話力は最初の10秒で相手に判断されます

 

その中でも最初のトークで一番わかりやすい判断基準は「発音」です。

「発音」を聞くことでこの人はネイティブか外国人か、教養があるか無いか、を瞬時に判断しようとします。

 

よりネイティブに近い発音をすることで、「語学力のある人=教養のある人」というように、相手に良い先入観を与えることができます。

日本語でも同じように、例えばレストランの店員の発音に訛りがあると、すぐに外国人だと判断ができ、日本人と話す以上の説明をしなくてはいけないと感じてしまうこともあります。しかし、ネイティブな日本語を話す人なら必要以上の気遣いはなく話せます。

英会話でも同じように、よりスムーズな発音をすることで、相手から自然な対応を引き出すことができるのです。

「発音」を良くすることは、いわば初対面の人に渡す自分の名刺のようなものなのです。

私が以前アメリカに住んでいた時に、発音に訛りのある人が、初対面のアメリカ人に外国人ということで失礼な対応を受けている場面をたくさん見たことがあります。

日本人でも発音が苦手な為あまり英語を話さず、日本人とばかり連んでいる人も多く見ました。これでは、英会話は上達しませんね。

日本人には、英語の発音は難しいと良く言われます。

確かに、日本語とはまったく違う言語なので慣れるまで難しかもしれません。

しかし、実は、上達することは、それほど難しいことではないのです。

なぜなら、ただ単に私たち日本人はネイティブが子供の頃に習った方法を教わってないからなのです。

ちょっとしたコツさえつかめば、驚くほど上達するものなのです。

仕事の場面、パーティーなどの社交場、レストランやショップなど、あらゆる場面で私たちは新しい人と出会い、英語で話す機会があります。

そんな時に、英会話の発音を強化することで、より良い人間関係が構築できたり、ビジネスの商談を有利に進めることが可能になります。

さらには、発音コンプレックスを解消してポジティブに話すことで、相手の反応も良くなり、英会話がより楽しくなり、上達する「好循環」が生まれます。

日本人の発音は、まだまだ良くなる可能性がたくさんあります。

そのお手伝いをできればという思いから、このスクールはスタートしました。

よかったらシェアしてね!

著者

幼少期にアメリカ・ロサンゼルスで育った英日バイリンガル。大学では言語学とデザイン、大学院ではTESOLの分野を研究。ニューヨークのトップブランドでデザイナーとしてNYコレクションなどで活動後、日本に帰国。ファッション、発音矯正、英語講師養成講座などの分野を専門に英語講師として数々のレッスンや講演を行う。現在は池袋・要町エリアを中心に英語・発音を指導。

この記事の目次
閉じる