無料体験レッスン実施中 詳細

シャーペンを英語で何というでしょう?

筆記用具では定番のシャーペン。カタカナ単語なので、「英語かな」と思いがちですが、英語で

”Can I borrow your シャーペン?” (シャーペン貸して)と言っても通じません。

英語では “Mechanical pencil(メキャニカル・ペンシル)” と言います。アクセントは「キャ」に置いて発音矯正しましょう。

シャーペンは和製英語で、”Sharp pencil” を短縮したものです。1830年代にアメリカで最初に発売された商品名が “Ever sharp” 「いつも尖っている」でした。その後、大正時代に国産が発売され、その名が、「エバー・レディー・シャープペンシル」でした。これが現在の「シャープペンシル=シャーペン」になりました。先の尖った鉛筆という言い方で “Sharp pencil” と使い始めたのが定着したのでしょう。

しかし、”Sharp pencil” は文字通り「先の尖った鉛筆」で、シャーペンという意味では通じないので、シャーペンと言いたいときには、Mechanical pencil と言いましょう。

よかったらシェアしてね!

著者

幼少期にアメリカ・ロサンゼルスで育った英日バイリンガル。大学では言語学とデザイン、大学院ではTESOLの分野を研究。ニューヨークのトップブランドでデザイナーとしてNYコレクションなどで活動後、日本に帰国。ファッション、発音矯正、英語講師養成講座などの分野を専門に英語講師として数々のレッスンや講演を行う。現在は池袋・要町エリアを中心に英語・発音を指導。

この記事の目次
閉じる