無料体験レッスン実施中 詳細

インド英語とアメリカ英語の違い

「インド人の英語は聞き取りにくい!」「何て言ってるかわからない!』

と感じる方も多いのではないでしょうか?

発音矯正をしないため、日本人が英語を話すときに、日本語の発音の癖が出てしまうのと同様に、世界には英語を母国語としないために母国語の癖が英語の発音に強く出ている国があります。

インド人が話す英語もとても癖があります。

インドでは、国の憲法が定めた言語が22言語もあります。これは方言というレベルではなく、全く異なる言語です。そのため、同じインド人でもコミュニケーションが取れないことが多々あるため、国が公用語としてヒンディー語と英語に定めました。そのためインドでは、教育や日常会話、ビジネスなどで英語を率先して使用するためインド人の英語のレベルが高いと国際的に評価されているようです。

インドはIT産業が盛んなため、最近では日本の企業や外資系でも優秀なインド人を雇うことが多いため、日本でインド人と接する機会も増えてきました。

そこでインド人と英語で話すと、最初は発音がとても聞きづらいと感じるかもしれません。

それは、やはり母国語であるヒンディー語、マラティー語などの影響があります。その特徴を幾つか挙げてみましょう。

1)イントネーション、アクセントの違い

インド人の英語を聞くと、最初は違う言語を話しているように聞こえることがあります。その一番の理由は、イントネーションとアクセントの違いがあります。アメリカ・イギリス英語には強勢泊リズムという独特のリズムがありますが、インド人の英語にはこのリズムがあまりありません。強勢拍リズムとは、1つの文の中に強くアクセントする単語があり、その間隔が均等になっていることを言います。

例えば、アメリカ・イギリス英語の場合

My  name  is  Narendra.

マイ ネーーム  イズ ナレーンドラ

この文で強くアクセントしている部分は、「ネーーム」と「レーンドラ」です。ここを強く長く言います。「マイ」、「イズ」、「ナ」は強調せずに小さく早く言います。

これがインド人の英語の場合、どの単語もあまり強調せず均等に発音します。

My  name  is  Narendra.

マイ ネイム イズ ナレンドラ

 

2)”R” の発音が “L” の発音になる

アメリカ英語の “R” は日本人には最も難しい発音の一つですが、インド英語ではこの “R” のが “L” のように発音しています。

例えば、アメリカ英語で水を

Water ワールァー

これがインド英語だと

Water ワーテル

 

Super market スーパーマーケット アメリカ英語

Super market スープルマルケット インド英語

 

Park パーク アメリカ英語

Park パルク インド英語

 

3)サイレントレター(黙字)もそのまま読む

英語には発音しない、サイレントレター(黙字)がありますが、インド英語ではこれをそのまま読みます。

Asthma (喘息)アズマ アメリカ英語

Asthma (喘息)アストマ インド英語

 

Christmas クリスマス アメリカ英語

Christmas クリストマス インド英語

 

Wednesday ウェンズデイ アメリカ英語

Wednesday ウェドネスデイ インド英語

 

これら1、2、3が入り混じったのがインド英語ですので慣れるまでは時間がかかるかもしれません。ただ一旦慣れるとアメリカ英語より聞きやすく感じることもあるかもしれません。

 

よかったらシェアしてね!

著者

幼少期にアメリカ・ロサンゼルスで育った英日バイリンガル。大学では言語学とデザイン、大学院ではTESOLの分野を研究。ニューヨークのトップブランドでデザイナーとしてNYコレクションなどで活動後、日本に帰国。ファッション、発音矯正、英語講師養成講座などの分野を専門に英語講師として数々のレッスンや講演を行う。現在は池袋・要町エリアを中心に英語・発音を指導。

この記事の目次
閉じる