無料体験レッスン実施中 詳細

「デマ」は英語で通じますか?

この記事の目次

「デマ」は英語で通じますか?

「デマ」は、和製英語のため英会話では通じません。

最近のコロナウィルスに関するメディアの報道では、真実と同時にたくさんの「デマ」情報が蔓延しています。

この「デマ」の意味を国語辞書で確認すると、

 

《「デマゴギー」の略》

 政治的な目的で、意図的に流す扇動的かつ虚偽の情報。

 事実に反するうわさ。流言飛語。「人を中傷するデマを飛ばす」

『デジタル大辞泉』:  https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E3%83%87%E3%83%9E/

 

「デマ」とは「デマゴギー」の略とありますが、「デマゴギー」とは英語で ”demagogy” と書きます。

「デーマガーギィ」と発音しましょう。

 

発音矯正する場合、アクセントは 「ガー」に置きましょう。

「デーマガーギィ」

 

デタラメな情報やうわさ話と言う意味で、英語の ”demagogy” と、和製英語の「デマ」とは同じ意味で使われています。

Sometimes it is difficult to distinguish the difference between demagogy and sincerity.

(デマと誠意を見抜くことは、時により難しい)

 

英会話で「デマ」と言いたい時は、 Demagogy 「デーマガーギィ」と言えばオッケーです。

よかったらシェアしてね!

著者

幼少期にアメリカ・ロサンゼルスで育った英日バイリンガル。大学では言語学とデザイン、大学院ではTESOLの分野を研究。ニューヨークのトップブランドでデザイナーとしてNYコレクションなどで活動後、日本に帰国。ファッション、発音矯正、英語講師養成講座などの分野を専門に英語講師として数々のレッスンや講演を行う。現在は池袋・要町エリアを中心に英語・発音を指導。

この記事の目次
閉じる